2015年09月04日

活動していて思うこと。



私の友人たちには
たくさん犬猫鳥、
外来魚なかにはアライグマなど
←必要な動物はちゃんと
国から許可もらって飼育してます。

必死に病気の子達を看病したり
事故でしんだこを霊園につれていき
火葬してくれたり、
里親さんみつけたり、自分ちで
飼ったり。


たくさん愛にあふれてる
人たちがいます。



しかし、毎日毎日、
SNSやニュース、近所の人の話、

たくさん虐待、遺棄、瀕死なのに
病院連れていかない


不妊しないで子猫や子犬が
うまれたら、山や海、川に捨てる
そんな話も毎日目にします


うちにはいま我が子5匹います。
うち2匹は公園で石をなげられたり
一匹は池に投げ込まれました


さいわい、ジョギング中の
お兄様が飛び込み助けてくれました。
そのあと、そのかたは
じゃ!て名前も教えてくれず
去っていきました


彼がいたから我が家の
シャムバトフは生きてます

いつかまた会えたら
いまのバトフを見せてあげたい


他の2匹は前の前のマンションで
住人が8匹〜10匹引っ越しの
とき置き去りにして、そのうちの
一匹が産んだ三匹のうちの2匹



残りの一匹は里子にでました。
置き去りにされた子達は
5匹は探しだし里子に出せましたが


お母さん猫と残りの子達は
見つけることができませんでした(涙)


残りの我が子一匹は猫白血病が
あるからと捨てられました
しかし、いま我が家で一番元気で
巨猫で健康な子です



保護っこ3びきもいます。


ふーさん



20150904170409570.jpg

二度見捨てられて
行き場なくさ迷う間にロン毛なため
けがボサボサになり汚れて
子供達にラスボスといわれ
ものをなげられたり、棒でたたかれて
いました。いまだに人間怖いですが
少しずつ家猫生活になれてきました




20150904170432437.jpg



しらたま


20150904170450862.jpg



四年間誰も保護しなかった。
仔猫のときから居着いていた
らしいからその時保護されて
いたら怖がりにならなかったかも。


いまでは保護してもうすぐ
半年ですが、1日に一回
姿を見せてくれたらよいくらい
人間怖くてクローゼットに
隠れてます



猫が好きなのが幸いして
夜、私達が寝たあとは、ふーさんや
我が子と遊んでます。

20150904170513766.jpg

私が出掛けてる間にも遊んだり
した形跡があります。
早く人間怖くないとわかってほしいな。

20150904170541998.jpg




ちまき


20150904170612848.jpg

今日、近隣に迷子じゃないか
確認したく、保護してます
ポスターをいれてから1週間半。
はじめて電話がきました!!

20150904170626202.jpg

そのかたの隣にいた家族の猫
だと思うと。


ペット不可でかっていた
放し飼いにしてけんかとか
するから、飼い主は去勢する
つもりはないといい、おなじアパートの
人が私がお金だすならよいか?と
聞いたらそれならオッケーした。



20150904170642435.jpg


だから去勢済でした。
去勢してくれたかたはもう
引っ越していないそうです
お礼いいたかったな。


その家族には小さな子供が
3人いて、ちまきを子猫のとき
拾ってきたらしく、おもちゃ
のように噛んだり蹴ったり投げたり
乱暴だったらしい。



20150904170700832.jpg

ちまきの噛み癖は防衛反応かもしれない。最近は噛み噛みキックキック
も減りましたがなでなでして
気持ちよくゴロゴロいってるのに
急になにかに反応してやるので
まだ怖い気持ちがトラウマに
なってるのかな



20150904170718665.jpg

もとの飼い主に会いにいきたいと
伝えたら昨日引っ越したそうです。




電話くれたかたは、仕返しが
怖くて連絡できなかったけど
昨日引っ越したから連絡くれた
みたいです。



引っ越し途中に会ったから
軽く挨拶と猫ちゃんは?と
聞いたら、なんかチラシ入ってて
誰か飼ってくれるみたいだし
←そんな無責任なことは書いてません



引っ越し連れていく予定ないし
いらないからと言われて電話
くれた方もびっくりして
私への連絡を決意したそうです。


私のすんでる地域は転勤族が
多いみたいです。ペット可も
このへんは比較的たくさん
ありますが、家賃が高いとペット不可で
かい、バレて捨てるパターンも
たくさん(涙)


保護活躍してるひとは
世界中にたくさんいます、


しかし、それ以上に遺棄、置き去り
虐待、多頭崩壊、避妊去勢しないから
どんどん野良ちゃんが増える、
結果殺処分がなくならないの
最悪な結末です。


また特に日本のボランティア
活動してる団体さん、個人さま
みんな国が協力をしてくれない
ために保護場所、資金不足です。



みなさんの税金で殺処分がされます。
私は殺すために税金
払いたくない


なぜ生かせるために使えないのか?
なぜ欧米の悪いとこ、はやり
ばかり真似して、人間の福祉や
動物愛護などを見習わないんだ?


そして孫の孫のだいまで
責任とれないなら、避妊去勢して
産ませるな!


迷子になったとよくみるけど
なぜ迷子になるのがいやなら
放し飼いにするの?


しかも首輪や
迷子札ないなら保健所に
いったら殺処分が待ってるの



首輪が嫌いならマイクロチップ
いれるとか←すぐ終わるため痛みは
ほとんどないらしい。



引っ越したらマイクロチップの
情報も更新できる。



お金はかかるけど、毎日毎日
何ヵ月もSNSで帰宅しない
心配と拡散するよりよくない?


もちろんアクシデントで
脱走しちゃったとかあると
思う。


それと情報なしの放し飼いは
違うから。



首輪していても連絡先ないと
意味ないよー。保健所は誰か
見つけてくれる場所ではありません



命の期限日がもうけられ、
里親さんか飼い主さんが
迎えにこなきゃ


首輪していても連絡先が
わからないなら殺処分になります。


命の期限てなに?


ボランティアに賛同しろとは
いいません。



できるかたがいたら

物資やカンパしたり
一時預かりしたり、里親さんに
お届けするときに車だしてあげたり、
ブログ宣伝したり、




里親さんになれそうな人を
紹介したり、エントリーを
拡散、シェアしたり、




いろんな協力方法があると
思うんです。



それもいやならいやで
よいんです。


強制はしたくないから。


だけど、動物愛護に反対だったり
あほくさ!て思ってもよいです。



ただし頑張って活動してる
人たちを批判したり邪魔したり


動物をわざわざ嫌いだから
邪魔だからと、いじめないでください。


そしてボランティアしてるかた
世界にはいろんな人がいます
文化も考えもちがいます



ときには納得しない相手も
いるでしょう



だけど、その人が虐待や遺棄など
犯罪なら別として、
動物が嫌いというだけで
悪者扱いはしないでほしいな。




私達保護をしてる人が
人間にも愛をもって接して
いれば、相手も理解してくれるときが
きます。


どうしてもわかり合えないときは
誹謗中傷などせず、気持ちや
事実だけ伝えてもうさよならが
よいです。


そこに動物がいるならもうちょい
がんばる必要があるけど。




動物だけ愛して人間は毛嫌い
見下す、そんなんではいつまでも
動物愛護者は変人だ!の
レッテルがとれないと思うの




言うことはいう、
注意すべきことはする。いう。


だけど、その人を毛嫌いするまえに
たくさんたくさん話し合い
こちらが心を開いて受け入れたら
半数以上のかたは泣いて
話してくれたり活動に理解して
くれたりもします。



里子に出したら終わりも私は
嫌です。


1年間定期的に
連絡もらえたら、そのあとは
里親さんが嫌じゃなきゃ
友達、猫親戚として繋がりたいです



もちろん里子だしたこが
可愛いというのもありますが、
人と人との繋がりも
大事にしたいから。




だから里子にでて何年後でも
相談があれば喜んでのります



長期間留守になるから里帰り
制度も私は大歓迎。←うちで
あずかるってことね。




猫関係なく里親さんが困ったら
助けたいし、話を聞いて
あげたりもしたい。




そんな関係になれたら
素敵じゃない?



ちまき、迷子猫じゃないの
確定したので
里親探しにはいります。



長文読んでくれてありがとう


外耳炎になりまして(涙)
薬で眠けがきたりで、
お返事おくれます。
ごめんなさい。

いつもコメントありがとう

















応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人 at 17:11 | 茨城 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 【活動情報・大事なお知らせ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも活動に感心しています。今は野良猫拾ったり出来ない環境ですが、3年前迄は実家に保護猫が3匹いました。猫達は産まれて間もなく食事も取れず、暑さ寒さに耐え厳しい環境に置かれて体調が悪くても話せない。可哀想でなりません。人間は捨てられたり殺処分とゆう境遇はナイけど、自分の身に置き換えて考えて欲しいです。弱きを助ける、って小さな頃に教わったはず。どうか可哀想な猫達が幸せになれますように(祈)
Posted by おくちゃん at 2015年09月07日 12:48
以前から職場近くの野良猫に餌を与えていましたが2年たった頃にいなくなりました。結婚して新居を建ててもらった為、主人が猫は駄目だとの事で、どーしても保護出来ませんでした。悲しい事ですがせめて食事だけでもと寒い雪の中は毎日涙でした。今また春生まれかと思う身長の野良猫がいます、見かけたら食事だけあげてましたが保護する決心がつきました。保護して実家に頼んでみるつもりです。これから寒くなります…見かけるのが辛いのです。いなくなって心配するのも辛いのです。まだ近くまで寄れませんが頑張って保護してみます。半年前このブログを偶然見た時から毎日つらかったです。遠く離れた福井から感謝と応援しています。。
Posted by おくちゃん at 2015年09月15日 18:40
おくちゃんさま

ご決断素晴らしいと感動しています。たくさん
失敗もするとおもうし大変な
こともあるかと思います!
だけど絶対おくちゃんさまの
考えは間違ってないです。
ありがとうございます


そして、おくちゃんさまの
気持ちで、しらたまにかんして
落ち込んでいた気持ちが
なくなりました!そうですよね
寒い外にいるよりよいですよね!


頑張って!応援してます!
Posted by 管理人 at 2015年09月15日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425331013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック