2018年05月05日

むぎ退院。あまりよい退院ではありませんでした。




むぎ退院しましたが
あまりよい退院では
ありませんでした。

ビルビリン(黄疸)数値が
入院前より高くなりました。

5.5〜6.5


20180505150021629.jpg


正常値 0.1〜0.4
(すみません昨日0.8までと
書いたのは私の勘違いで
0.4までです)


総蛋白 10.0 正常値 5.7〜7.8



こんだけ入院して投薬、
ビタミン、
強制給餌してもビルビリンが
あがるというのは

(先生のメモにもありますが)


20180505150041856.jpg


進行性黄疸といえます。

進行性黄疸にはおもに3つあり

肝前性黄疸→ 貧血等溶血性疾患

肝性→ 慢性肝炎等肝疾患

肝後性→ 胆嚢炎、慢性膵炎、十二指腸炎、多岐にわたる疾患による




肝外の胆道閉塞
↑これにも2つあり

部分的閉塞 基礎疾患の治療(内科)
完全閉塞 外科手術(死亡率50%)


むぎの場合に考えられる
基礎疾患と治療


FIV(猫エイズ)キャリアで
あることから、なんらかの
感染疾患か?(特にFIP)治療困難



胆管肝炎、胆嚢炎
ある程度今回の
入院でおさえられてる




慢性膵炎
とにかく食べる!強制給餌でも
とにかく食べる!





みんなにわちゃわちゃ
されるから3段ケージに
むぎハウスを作りましたが
みんながいる場所をもとめて
出たがるため出しました。





そして保護したときと
同じように
歩けなくなって
しまいました。




筋肉が落ちたのか、
体力ないのか
これは保護したときに
やったストレッチリハビリを
毎日やろうと思います




そしてなぜか!(先生も
なぜかわからず)1週間
ずっと抗生物質点滴していたのに
今朝から緑っ鼻(鼻水)




免疫かなりやばいんだろなあ😭



20180505150240262.jpg



次は火曜日に検査します。
それまでに自力でご飯
食べたがらなかったり
数値が下がらなければ


かなり今後厳しいと。

20180505150253185.jpg



いまは、むぎが離れたがり
ません。わたしがトイレいく
だけでも這って
ついてこようとします



(現在相方用事で4時くらいまで
帰宅できない)


支出報告計算今夜までには
必ずアップします。



すこしだけ、むぎと時間
すごさせてください
(支援してもらったのに
わがまますみません)




がんばります。
大泣きしまくり、、
でも強くなり頑張る!


みんなありがとう
もうしばらく元気玉
(みんなのパワー)を
送り続けてくれると嬉しいです!



#闘病猫 #胆管肝炎 #猫の病気
#ビルビリン #黄疸 #進行性黄疸
#猫免疫不全ウイルス感染症
#猫エイズ
#膵炎 #肝後性黄疸
#元気玉ありがとう


#むぎがんばれ














応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人まる at 15:01 | 茨城 ☀ | Comment(0) | 【虹の橋へ。新しい家族ができました】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。