2019年09月01日

しろさん血液検査結果と耳治療開始



しろさんも
3種ワクチンしてきました


ぽぷこ、あずきのも
このエントリー前にアップ
したので良かったらみてね

20190901205317534.jpg



しろさん 耳がいつも
拭いてるのに汚れるから
見てもらいました


20190901205333953.jpg


耳ダニは居ませんでしたが
バラセチアが悪さしてました


20190901205342215.jpg



バラセチアは常在菌なので
どの猫ちゃんにもいるそうです


ただキャリアっこや
病気してるこなど免疫が
さがってるこは、この常在菌が
通常より増えて悪さをして
耳の汚れ、痒みなどをおこす
そうです



みんな持っている菌なので
感染はしません



抗生剤、真菌剤、痒みどめにも
なる1週間持続する
オスルニア点耳薬をつけました



20190901205413581.jpg



来週また耳の検査です(涙



そして血液検査
二回目までの血液検査では
貧血と肝臓数値がよく
ありませんでしたが

本日、貧血はギリギリ
だけど正常値!!


20190901205437357.jpg


ペットチュニックなくなるまで
続けていきます


ロイカナの肝臓サポートも
なくなったらみんなと
同じフードにしてよいと!
やったねー💠❤️❤️



そして血液検査の数値をみて
もしかしたら発病してないかも
と先生が見解を変えました



なぜなら前回までは
異常だった WBC(白血球)
細菌や異物から守る働きを
するためエイズ発病だと
この数値がかなりあがるから
です



前回までは高かったのに
今日は正常値になった



貧血のときに低下する
RBC(赤血球)も増えて
正常値になりました



高いと脱水、低いと
貧血とみるHGB(血色素)
こちらも正常値になった



肝臓の異常の値をしめす
数値も正常値になりました



腎臓の値は前回もギリギリ
でしたが今回は年齢や
エイズキャリアを考えたら
心配しなくてよい数値
だそうです



ただ私的には BUNが
正常値より0.7弱高いの
気になるけどそんな心配
しなくてよいって



ちなみにBUNは 腎臓機能
低下すると数値が高くなり
肝機能障害で低くなる
傾向がある



たんぱく質不足でも
低くなります


しろさん ALP
アルカリフォスファターゼ
が高いのもきになりました


ALPは肝細胞、胆管上皮細胞、
骨芽細胞で作られる酵素で


ステロイド使用、胆汁流出経路
の異常、肝疾患、腎疾患、骨の
疾患で数値があがります


ある種の腫瘍でもあがる時が
あります


20190901205533016.jpg


しろさんの場合、ステロイド
使用してない、胆管、肝臓、
腎臓もALPがあがるほど
悪くない



骨の異常や内臓エコーでの
問題もないのでキャリアと
いうことであまり今は
心配しなくてよい数値だと
言われました



少しでも納得できないと
とことん聞いてメモらないと
気がすまないたちで
先生ごめんね(笑




来週、お耳の検査して
異常なければ発病してない
から里親募集できるよ!



看取りになるかもしれないと
言われて数値も見た目も
ぼろぼろだったしろさん



みなさまのおかげで
適切な治療を受けることができ
体重がなんと6キロこえる
ほど元気になりました



20190901205610831.jpg


本当に本当にありがとう
ございます



とろろは目薬だけ
ではだめなくらい顔が
腫れているので次
しろさんといっしょに
いき見てもらいます




#ワクチン
#3種ワクチン
#猫の血液検査
#猫エイズキャリア
#猫エイズ
#猫エイズ発症撤回
#みんなありがとう
#しろさん
#バラセチア
#オスルニア






応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人まるきち at 20:59 | 茨城 ☁ | Comment(0) | 【里親募集中】しろさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。