2012年05月18日

桃次郎の怪我すっかり完治・うしくんの病気も安定♪



本当にひさびさの桃次郎くんと
うしくん登場。

桃次郎の顔の怪我はもう一生なおらない
可能性があるといわれてましたが
里親さんがあの手この手でいろいろ
頑張ってくれました


最初は、帽子がとれカーゼだけになり。

68858_1507284420_167large.jpg


うしくんともすっかり仲良くご飯も
寝床も一緒に過ごしています


それでも治ってくるとカサブタになってしまって
痒いのかかいてしまってまた出血。
でもカラーをすると首のまわりの毛が禿てしまって
炎症・・


そんなとき私が友人に聞いたカップラ容器
カラー♪カップラを食べたあとによく洗って
乾燥させて頭に合うサイズにきったりして
調整。あまり小さいと傷に届いちゃうし
大きいとご飯が食べにくいのでちょうどいい
サイズになるように作ってくれました。


カップラ容器なら柔らかいので寝るときも
痛くないしカラーより小さいのでご飯も
食べやすい。


ただ最初はいいにおいがするのか
頑張って内側を舐めようとしますがww
これまたかわいい姿でしたよ


P1000001.JPG



そのうちカップラカラーもとれて
傷がだんだん小さくなってきました


桃次郎は私が遊びにいくといつも
寝てるか食べてるww


P1000580.JPG



うしくんは私がいくと警戒して触らせてくれますが
目がわらってないww


P1000479.JPG



先日、里親さんがどうしても家をあけなくちゃ
いけないときに私がお世話をしにいきました
(歩いて5分なので)


桃次郎は普通に甘えてきてご飯もらった


68858_1470256213_232large.jpg



P1000579.JPG


うしくんは警戒してケージに隠れてしまった
(見えてるけどwwあ、ケージは
出口が開けっ放しになっていて行き来自由なので
閉じ込めてるわけでないので安心を)


P1000577.JPG


しばらく撫でたけど何すんだよって顔して
今度はキャットハウスのなかに移動。
ご飯をまだ食べてないのでお皿をもっていく

(目が笑ってないwwwでも決して手を出したりしません)


68858_1470254279_35large.jpg



しばらく桃次郎が甘えてくるので
ももちゃんと遊んでると、うしくん
爪とぎの上に移動・・・


もーーご飯食べないと私帰れないやんww


P1000584.JPG



なんとか食べてトイレ掃除をして
遊んで帰ろうとしたら
2匹そろってベッドに移動・・え。帰るからって
寝るのか??ww


P1000997.JPG


うしくんのアップをとってみた
すごーーーい嫌な顔されたけど
怒らなかったww


P1000583.JPG



うしくんの呼吸は相変わらず
ぜーぜー言ってますが一時期
必要だった酸素室も今では一切必要がなく
たまに発作が出たら皮膚にはるお薬で
数分で落ち着いてます


腸の問題も里親さんが毎日30分ほど
毎日マッサージしてくれるので
昔みたいに詰まることがなくなり
ました。ただたまに固くて出ないときは
お薬に頼ってしまいますがそれでも
なんとか出るので比較的安定しています


数日前、遊びにいったら・・・


P1000965.JPG


桃次郎の顔の傷はどこにあったのか
わからないくらいに綺麗になってました

それと同時にまん丸になってました 汗

すっかり里親さんの家の子になったのか
人見知りが始まったようで
あんなに私にも甘えていたのに私が触ろうとしたら
隣の部屋に逃げていっちゃいました。


ちょっと寂しいですがすっかり
里親さんの家の子になった証拠なので
いいことですよね。

うしくんは1階でお昼寝中の、
里親さんのご両親と
同じお部屋で日向ぼっこ中だったので
お邪魔しないで帰ってきました。

うしーーって呼んだら
なぁぁーと声だけ聞きましたがww


2匹はあんなに病気や人になれないなど
大変な環境で暮らしてきましたが
今ではすっかり家猫になって幸せにやってます

先住猫さんとも仲良くしてて
里親さんの旦那さまにも甘えたり
ご両親にもなれて幸せになりました

また遊びにいったら写真とってきますね
(逃げなかったらww)












応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人 at 21:28 | 茨城 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 【新・家族ができました】うしくん&桃次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

最新:うしくん&桃次郎&今年もお世話になりました



今年もみなさんには大変大変お世話になりました。
みなさまのおかげでたくさんの猫たちが
新しい運命の家族のもとへ行くことができ、
みな幸せになっています。


私一人の力ではここまで出来ませんでした。
本当にみなさまのおかげです。
感謝してもしきれないほど感謝しています
ありがとうございます。


最近のうしくん&桃次郎情報が入ってきました。



まずは、うしくん。


保護当時は、頻繁に浣腸にいかないと
何日もでなくて心臓や肺を圧迫していました。
しかし病院へ行くことのストレスで毎回
呼吸困難になり、病院でもこれでは呼吸困難のほうが
危ないとなり、先生と話し合った結果


なるべく自宅対応するということになりました。


里親さんが毎日お腹をマッサージしてくれ
整腸剤などでなんとかころころうんちが出てます


それでもたまに出なくて吐いちゃうことがあるので
その時は病院から処方された下剤で一気に出します
(掃除は大変ですが病院にいくより、うしくんのためには
いいと里親さま頑張ってくれてます)


うしくんも桃次郎も今ではケージからでて部屋を
自由に使ってます。お外には出たがりません。


うしくんも桃次郎も甘えん坊になり
里親さんのひざに乗って寝たり、抱っこさがんだり
外に居たときとは別猫のようです。


うしくんはこんな格好もして寝るようになりました


68858_1398748025_28large.jpg



暑いときは畳の上がお気に入り



P1000581.JPG



こんなところもお気に入りです(猫ハウスの上)

P1000386.JPG



時には桃次郎と一緒に


68858_1422196433_119large.jpg




P1000384.JPG




里親さんに抱っこされて喜んでます(私が写真とってるので目が
ちょっと緊張してますがww)


P1000454.JPG




とっておきの隠れ家(全然見えるですけどねwww)


P1000452.JPG



かくれんぼしてるつもりらしい



P1000511.JPG



バスタオルの上で寝るのも大好き


P1000576.JPG




桃次郎は、皮膚移植した顔の傷が掻いてしまうため
何度もかさぶたになりはがれてまた真っ赤になって
血まみれになって傷が炎症しての繰り返しでした


あらゆる精密検査や薬の検査(桃次郎に効くか利かないかの検査)
などをした結果、あらゆる抗生物質に耐性がついてしまい
もう利かなくなってしまっていました。


皮膚移植をもう一度することも出来ますが
キャリアでまた全身麻酔はリスクがあるのと
また掻いてしまったら同じことの繰り返しなので
移植は見送ったそうです。


足に包帯を巻いてみたり、いろいろ
試しましたがだめでやっぱり血まみれになり
傷が炎症するので一生カラーが取れなくなりました

ご飯のときだけはずしてあげて
首周りなどやさしくさすって掻いてあげてます。


本人はカラーはまったく気にならないようで
全然そのまま活動したり寝たり遊んだり
しています。里親さんが見張れるときは
はずしてあげてたまに気分転換させてあげてるようです


P1000382.JPG



カラーがついてても、うしくんもまったく怖がらず仲良しです



里親さのひざ乗り順番待ち中


68858_1433949391_46large.jpg



カラーを外して日向ぼっこ


P1000577.JPG



里親さんに甘えてこんな抱っこも喜びます

68858_1393856691_179large.jpg




本当に二匹仲良しです。お外では仲良しではなかったのに。
(仲悪くもなかった。つかず離れずって感じでした)


68858_1353507086_78large.jpg



どちらかが病院いったり検査入院したりすると
探しまわるほどもう仲良しだそうです。


P1000501.JPG




丸見えの隠れ家に二匹で(人間ベッドの布団の隙間)


P1000585.JPG




同じ猫ベッドでねんねします
お互いカラーも気にならないみたいですね


P1000592.JPG



またもやひざ乗り待ち。どうやら、うしくんは
桃次郎に先に譲ってあげてることが多いみたい。


うしくんが乗ってるとき、その上に桃次郎まで
乗ってくるというときもあるそうです。うしくん
つぶれてても文句も言わずそのまま乗せて
くれてるそうです(やさしい子なんですね)


うしくんに首輪と迷子札がつきました。
(桃次郎はカラーをしているためにまだ
つけれません)


P1000578.JPG



昼寝しているご主人様に二匹そろって
寄り添っていって一緒に寝てるとこ。
すごい微笑ましい(笑


P1000579.JPG




いろいろ病気と闘ってますが先住猫さんとも
里親さんご夫婦とも仲良く幸せに穏やかに暮らしてます



本当にみなさんのおかげです。
昨日、私もひさびさにあってきました。


桃次郎は私にも甘えてべったり。
うしくんはナデナデさせてくれるものの
やっぱりちょっと怖がりでハウスの中に
隠れてしまいました。



でも二匹ともとっても愛情注いでもらって
すごく幸せです。大きな病気を二匹とも
もっているので寿命は長くないかもしれませんが
里親さんとも話していたのですが
今とっても二匹は幸せなので寿命の長さではなく
どんだけ幸せに穏やかにすごせるかを大事にしていきたいと
言っていました


もちろん、長生きできるようには頑張ってくれてます。



また私事ですが。。。

実は桃次郎とうしくんが落ち着いて
しばらくしたあと、私のすむマンションの
住人が引越しのときに置いていった猫が
階段の住人がすんでない場所に子猫を産んだらしく


しばらくして発見しました。
子育て中は近寄れずにそっと見守ってました。


ある日、子供たちも生後3ヶ月ほどになった
頃、母猫は帰ってこなくなりました。


我が家はマンションの上のほうなので
今のところ子供たちも逃げませんが
子供たちはまったく人間を知らないので
懐きません。3匹いましたが1匹は
どうやってきたのかわかりませんが
ベランダ側に入ってきて戻れなくなったようで


我が家の住む階のベランダを行き来してました。


これでは住人から苦情がくると
思い、今は我が家にベッドとトイレとご飯を
置いてあります。


階段の2匹もご飯とトイレを人のこない場所に
設置して毎日片付けやえさやりをして
なんとか3匹懐くよう頑張り中です。


近寄れないのでオスかメスかもわかりません。


年明けに詳しくまたアップします。
(このときはデジカメでとった写真アップします)


今日は携帯のズームでとったやつなので
ちょっとぶれて顔がはっきり見えませんが
お許しください。


今のところ、友人が猫砂とトイレ容器と
カリカリを送ってくれたので物資はまだ
募集かけませんが在庫が少なくなって
きたらお願いするかもしれません。


また3匹が保護できたら今の残高では
3匹を不妊するのにたりません。

そのときは私ももちろん頑張りますので
どうぞよろしくお願いします。


ベランダ猫ちゃん最初の頃


P1000405.JPG



今ではこんなにでかく。。。。ちっちゃかったので
『ちびすけ』と呼んでます


P1000559.JPG




階段猫たち


P1000495.JPG



手前の子のほうが好奇心がある子です
(でも近寄れません)
『おかっぱちゃん』と呼んでます


うしろの子は鼻の部分が黒いので
『はなくろちゃん』
とっても臆病で私の姿を見ただけで
逃げてしまいます。


来年もまたもや(苦笑)猫保護の年に
なりそうですが頑張りますのでどうぞ
よろしくおねがいします


みなさまのとって来年も素敵な年になりますように。


今年は東日本大震災で我が家も被災しました
(全員無事です)
友人が宮城の津波で亡くなりました

親戚の岩手の職場が流されました(本人は無事に逃げた)

私の大好きなサッカーチームの
ホームスタジアムも倒壊してしばらく使えませんでした


未だ被災地で苦しむ人たち、動物たちのことを
思うと、また長野地震や和歌山での台風被害や原発問題、
タイの洪水、世界中で頻発している大きな地震を
考えるとお正月を祝っていいのかなという気持ちが
とっても大きかったです


でも、いま頑張ってる人たち、動物たち
世界中の人たち、動物たちが早く安全に
そして幸せに戻れるよう、あえて
(来年は)よいお年を。といいたいと思います。


そして私も絶対にあの日を忘れることなく
長いスパンで人間と動物たちのために
できることしていきたいと思ってます。


本当に皆さん今年もありがとうございました。
来年もどうぞ猫ともどもよろしくおねがいします


どうかどうか、よいお年を。






応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人 at 02:06 | 茨城 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 【新・家族ができました】うしくん&桃次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

その後の桃次郎&うしくん



ご無沙汰してしまって申し訳ありません。うしくんや桃次郎が
落ち着いて里親さんも落ち着いたら書こうと思っていました


今まで、うしくんと桃次郎は別々のカテゴリーに
書いていましたが2匹同じ里親さんのもとへ
里子に出たので今後はこの新しいカテゴリーに
一緒に書きますね


里親さんがメールはできますが携帯でも
パソコンでもネットができないので
新しい情報や写真などがきたときに
私がこちらにアップします


まず、桃次郎。。。


以前ものせた写真ですがこんな感じで甘えます

68858_1299222645_49large.jpg



今ではケージから出してもおとなしく人が大好きでごろごろ
すりすりするようになりました

1776511339_62.jpg


先住猫さんとも仲良くやっていて私が遊びに
いっても私にもべったりしてきてゴロゴロ喜びます


顔にあった大きな傷

68858_1298097661_109large.jpg


今まで皮膚移植が成功して顔の皮膚はくっつきました。
ちょっと腫れた感じでくっついてしまいましたが
異常はありません


まだ移植のために皮膚をとった肩の部分が
閉じてないので首だけに包帯まいていますが
以前まいていた首の包帯や帽子がとれただけで
すごく楽になったようです

68858_1305214209_230large.jpg


これがとれました ↑



桃次郎はすっかり家猫になりました。
今まで週に何回も病院通いだったのも
やっと週に一回でよくなりました。桃次郎とっても頑張りました



うしくん。。。


ある日、具合が悪そうだったので近所の病院へ。
(呼吸が危ないので遠くのかかりつけまで間に合わないので)


ぐったりしていたのでおとなしくレントゲンがとれました。

うしくんは昔、交通事故か虐待がわかりませんが
肋骨が複雑に骨折してそれが曲がって自然に固定
されてしまって、その骨が肺や心臓を圧迫しているので
余計に呼吸がくるしいそうです

血液検査の結果では内臓系や炎症などなかったので
その骨の圧迫が大きな呼吸が苦しい原因だと思われます。


その夜、うしくんは危篤になり入院しました。
もうだめでしょうといわれて私も里親さんも
わんわん泣いて覚悟していましたが

うしくんの生命力はすごい。翌日退院。

ただし、しばらくは酸素室に入ってないと危ないと
いうことで里親さんが酸素室をレンタルしてくれました


自宅です

1776511339_173.jpg



最初はおとなしかった、うしくん


1776886231_98.jpg



酸素濃度が高いので呼吸が楽になったため
だんだんわがままになって酸素室を
バンバンたたいて出せだせ攻撃(汗

1776511339_28.jpg



ふてくされてるところです↑


1日数分なら出してもいいってことだったので
ケージに出してあげたら今度はケージが嫌で
トイレの中でボイコット

68858_1320951749_26large.jpg



トイレの中から抱えて出すとぬいぐるみ
抱っこしてふてくされてました


68858_1317141921_133large.jpg



箱を入れてあげたら喜んでいた時期もありましたが。。。


68858_1300050135_248large.jpg



やっぱり出せ出せ攻撃がはじまりました。



その後、すぐうしくんが、うんちをしていない日が続き
相談がきました。すぐに病院に連れていったところ
骨盤も前回同様事故か虐待で骨折したのが
自然に曲がってしまって、うんちが出る道が
たったの1cmしかないというのが判明。。。


その日は、浣腸をして一泊入院。


翌日、迎えにいくと、うんちをゆるくする薬と
定期的な浣腸をしに病院通いすることになりました。


でもひとついいことが!


一泊酸素室なしで入院させても呼吸が変わらなかったので
酸素室離脱できました。


やっとお外で桃次郎と一緒にご飯を食べれるようになりました


68858_1344310877_21large.jpg



先住猫さんにも舐めてもらって仲良くやってます


68858_1350878317_96large.jpg



そして昨日、桃次郎とうしくんが一緒に寝ました。
まだ猫団子にはなってませんが、ずいぶんと
仲良くなりました


奥にうしくんがいるのわかりますか?

68858_1353507086_78large.jpg



今までは、うしくんは凶暴でタオルで包まないと
抱っこもかかえることも出来ませんでした。


68858_1309598717_173large.jpg



でも今ではおとなしく抱っこもされるし、なでなでもできます

おうちでお薬も里親さんがあげれるようになったので
(今まで凶暴で出来なかった)うんちも少しづつですが
家で出るようになりました。


お腹もマッサージさせてくれます。


先日遊びにいったとき、私にもお腹マッサージ
させてくれてなでなでもさせてくれました。
だんだん里親さん夫婦にもなれてきて
手足を舐めたりすりすりするようになって
きたようです。


二匹が仲良くやってくれてて
二匹とも怪我と病気の調子が落ち着き
安心しています。


里親さま、ご報告ありがとうございました。
また新しい情報が入ったらアップしますね。







応援よろしくおねがいします☆

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


スマホ・携帯からは こちらから応援よろしくおねがいします
猫ブログ 野良猫




posted by 管理人 at 20:30 | 茨城 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 【新・家族ができました】うしくん&桃次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする